脱毛施術後の入浴はいつから?

水着の女性1

はじめて脱毛サロンに通うという人は、わからないことがたくさんありますよね。私もはじめて脱毛サロンでむだ毛処理を受けたときはわからないことばかりで、カウンセリングでは質問ばかりしていました。たとえば、疲れを癒すためのバスタイム。

施術を受けた当日にも入りたいけれど、脱毛後の入浴はよくないという話も聞いたことがあります。脱毛後の入浴はどうしたらいいのでしょうか。

脱毛施術の当日に入浴してはいけない理由とは?

脱毛サロンに通っている人の疑問や不安のひとつに、「入浴」があります。私はお風呂に入るのが大好きで、毎日の入浴が大切なリラックス時間になっています。だから本当は毎日お風呂に入ってゆっくりとした時間を過ごしたいのですが、脱毛サロンで「脱毛施術の後には入浴をしてはいけない」と注意されてがっかりしたことを覚えています。

しかしネットの情報では気をつけていれば大丈夫というものもあり、どちらが本当のことなのかわからなくなってしまいました。大丈夫なのか、それとも入ってはいけないのか、どちらが正しいのでしょうか。答えは「脱毛施術後は入浴してはいけない」が正解です。

施術後の肌は脱毛によってダメージを受けており、軽い火傷を起こしている状態です。(関連リンク > 1番得する脱毛入門 > 全身脱毛格安

そのため、肌に刺激を与えないようにする必要があります。施術後にかゆみや赤みを感じたことがある人もいますよね。そのような状態のときは、しっかりとクーリングと保湿を行うことで症状を改善することができます。しかし、入浴すると体が温まることで血行がよくなるため、かゆみや赤みが悪化してしまう可能性が考えられます。

かゆみがひどくなったり、脱毛した部位をついかいてしまうこともあるので、脱毛当日の入浴は控える必要があるのです。

入浴することで毛嚢炎になる可能性もある

水着の女性5

また、脱毛当日に入浴をすることで「毛嚢炎」ができる場合もあります。施術を受けた後は肌のバリア機能が弱くなっている状態です。湯船には目には見えなくてもいろいろな雑菌が存在しているため、毛穴に雑菌が入り込んでしまう可能性があるのです。

そうなると機能が低下している状態の肌では守ることができず、毛嚢炎という白いニキビのようなものができます。実際、私も施術の当日ではなく2日後に入浴したとき、小さくですが毛嚢炎になってしまったことがあります。

このような状態になってはじめてお風呂に入ったことを後悔しても遅いのです。毛嚢炎になると抗生物質の服用や外用薬を使う必要があり、皮膚科で診察を受けることになるため、症状が落ち着くまで脱毛施術を受けることができなくなります。

かゆみや痛みはほとんどないため気がつかない人もいますが、施術時にエステティシャンが肌を確認してはじめて毛嚢炎になっていることに気がつくこともあります。皮膚科で治療を受ける以外では市販薬を使って治すこともできますが、症状が悪化すると痕が残ってしまうこともあるので、市販薬を使っても症状が改善されない場合は早めに皮膚科で受診して治療を受けましょう。

ほとんどのサロンが翌日からの入浴をおすすめしている

では脱毛後の入浴はいつからOKなのでしょうか。脱毛サロンでは「翌日からOK」としているところがほとんどです。しかし、かゆみや赤みが引いていない場合や敏感肌の場合は、症状が落ち着くまで入浴は控えることをおすすめします。

実際、私は施術を受けた翌日まで赤みが引かず、3日目にしてようやく入浴できたという経験があります。毎日入らないとすっきりしない!という人は、ぬるめのシャワーでさっと肌をなでる程度にしておきましょう。敏感肌の場合は翌日から入浴するのではなく、まずはシャワーで肌を慣らしていきます。

はじめはぬるめのお湯で少しずつ温度を上げていき、肌の状態を確認して湯船につかります。敏感肌だと脱毛後の肌はかゆみや赤みがひどい人もよくいるので、クーリングや保湿を丁寧に行い、ゆっくりと肌を落ち着かせて脱毛後の肌トラブルを起こさないようにしましょう。

もしそれでもかゆみや赤みが長引く場合は、サロンに連絡をして相談し皮膚科を受診します。ほとんどの場合は数日でどちらの症状も落ち着くといわれています。

脱毛した場所のかゆみがひどい!原因と対処法を徹底解説

入浴以外にもしてはいけないことがある

また、脱毛施術の当日は入浴以外にもしてはいけないことがあります。当日は岩盤浴・温泉・サウナ・スポーツ、そして飲酒をしてはいけません。これらは血行を良くし、かゆみや赤みを悪化させてしまう可能性があるため、施術当日は控えましょう。

「あれもダメ、これもダメ!脱毛ってこんなに窮屈なの?」と思うかもしれませんが、これらはかゆみや赤みが落ち着くまでの我慢です。ほんの少しだけ我慢することで、むだ毛のないきれいな肌が近づくと思うと我慢できますよね。

また、脱毛後の肌へのダメージを考えて避けたほうがいいこともあります。それはプールと海水浴です。プールはたくさんの人が利用するので、雑菌がありますし、雑菌対策として塩素を利用しているため敏感になっている肌が荒れてしまう可能性が考えられます。

海水浴は海水だけではなく、日焼けの心配があるため絶対に避けるべきです。脱毛後に日焼けをしてしまうと「色素沈着」を起こす可能性が高く、そうなるとその治療にも通わなければいけません。プールや海水浴は脱毛施術のスケジュールを考えて楽しみましょう。

胸毛に対する女性の評価は?脱毛をした方が良いかも?

ドクターサポートがあるサロンもある

先にも書いたように、私は入浴が大好きでお風呂に入っているときが大切なリラックス時間です。だから毎日お風呂に入らないなんて考えられない!というのが本音なのですが、脱毛後はぬるめのシャワーで優しく肌をなでて終了です。

「たぶん大丈夫だろう」という自己判断をしてはいけません。脱毛サロンのカウンセリングでしっかりと説明されますが、自己判断で肌を危険にさらしてしまってもサロン側は責任を持つことができないという場合がほとんどです。

もしうっかり入ってしまったというときは、脱毛サロンに連絡をしてどのような対処をすればいいのかを確認しましょう。

脱毛サロンによっては「ドクターサポート」というシステムで、治療費や薬代がかからない場合もあるので、いざというときのためにも訊いてみるといいです。私の場合は当日ではなく翌日に入ったのに肌のかゆみがひどくなってしまい、脱毛サロンへ連絡して相談をしました。

肌が落ち着くまでクーリングをして保湿をたっぷりとしたことで翌日には症状が落ち着きましたが、もう少しひどかったら皮膚科へ駆け込むところでした。

脱毛施術の後は、肌の状態を見て入浴するかを判断することを忘れないこと、そしてクーリングと保湿をたっぷりとつけると覚えておきましょう。